見て聞いて

◆2013年12月19日(木曜日)

自分たちで育てた大豆からきな粉を作りました

 今年、2年生はJA中野市青年部の方に教えていただきながら、大豆作りを行なってきました。12月4日には収穫した大豆の豆はたきをし、唐箕(とうみ)でごみをとりました。

 今日はその大豆をつかって2回目のきなこ作りに挑戦しました。臼は市立博物館からお借りしたものと、校長先生のおうちにあったものと、2基用意しました。「ごろごろごろ」職員室にいると豆をする音が、雷のように響いてきます。

 子どもたちは、このきな粉が大好き。1回目に作ったきな粉を、ごはんにかけ、パンにかけて食べたら、みんな完食してしまったそうです。三学期には納豆作りにも挑戦したいと思っている子どもたち。楽しみですね。